注文住宅を建てるなら桧家住宅がおすすめ|評判が高い理由とは

一軒家

心地よい家を建てられる

インテリア

工法と独自のシステム

日本には数多くのハウスメーカーがありますが、世間で評判の高いハウスメーカーに桧家住宅があります。この評判の理由は、桧家住宅が快適で健康的な生活を送れる注文住宅を施工しているからです。桧家住宅の建てる注文住宅は、標準仕様で断熱アクアフォームとアルミの遮熱材を使ったWバリア工法を採用しており、高気密と高断熱性を保持しているのが特徴です。99%空気でできたアクアフォームを、屋根、床下、壁など家全体に吹き付けることで高い気密性を実現しています。さらに、アルミの遮熱材は赤外性を75%反射する効力を持ち、建物に熱が侵入するのを防いでくれる素材です。このWバリア工法で桧家住宅の建てる家は夏場だと外部からの熱気を遮り、冬場は冷気を遮断しています。あわせて、Z空調と名付けられた独自の優れた冷暖房システムを採用しています。Z空調では24時間の空気の入れ換えが行われており、空気をきれいにしながら住宅内の温度を常時快適に保てるシステムです。Z空調では、外部から取り入れられた空気は全熱交換器で通過して各階にあるエアコンへと届けられます。エアコンで暖められた空気は、各部屋の壁から吹き出されて部屋中に行き渡ります。そして、空気は再び外部へと排出されるというのがZ空調の仕組みです。このように桧家住宅では、Wバリア工法とZ空調で、室内の温度を一定に維持し快適な生活環境を実現しています。このシステムは従来の空調システムよりも導入コストがかからないのも評判の良いところです。さらにこのシステムでは、従来の一般的な住宅と比べて年間の光熱費を約4割削減ができ、省エネルギーを実現できるところも評判を高める理由になっています。